カンナビノイドの作用から誕生

カンナビノイドの作用から誕生

カンナビノイドのある作用に目を付けた事によってアコンプリアは誕生しています。
このカンビノイドとは、それは、大麻に含まれる化学物質の一般名です。
成分は大麻草に特有のものとして60種類以上分離されます。
そして、肝心なことにとって、テトラヒドロカンナビノール(THC)、カンナビノール(CBN)、認識ナビゲーター・クロメン(CBC)、cannabidiol(CBD)、カンナビエルソイン(CBE)、カンナビゲロール(CBG)、認識ナビゲーター磁場リン(CBDG)があります。
事項、CBN、CBDのTHCは、カンナビノイドの3つの主要な主要な成分として知られています。
そのうえ、酔いを提供することがそうである成分はこれでTHCだけを言いました。
しかし、違いは他のカンナビノイドで構成要素比率のため、影響のために起こります。
カンナビノイドが窒素を含まないで、酸素と水素(カーボン)から成らないので、それはアルカロイドで分類されません。

脳の扁桃体でCB1レセプターの機能を販売促進することによって、恐れ経験において発現した精神的外傷の記憶を取り除くために、影響を持ちます。
そして、PTSDを含む精神的外傷により病気を治療する医療として、カンナビノイドが使われるかもしれません。
リモナバンという成分

カテゴリ

サービス

リンク

インフォ